BONITA-APPLEBUM !!! 第八局
 お酒に関して、自分にはどれ程のキャパがあるのか、1度は知りたかったんですが、やはり人並みでした。
 今朝、頭の上で、ちっちゃいクエスチョンマークが寝ぼけた様にキョロキョロしてて、ベランダで寝てしまっていた僕は、昨夜の事をゆ~っくり思い出す努力をしていました。
 
                                    
                                           ‥そうだ。

 ジョニ黒を飲んでたんだ。友達の就職が決まって、ミンナで乾杯したんだった。で、何で俺は裸なんだ。いつ帰ってきた。タクシー代は誰が払った。
 記憶がボやけてユガんでる。何だかちょっとハズカシイ気持ち。すべてを夜の魔物に任せて、流し込んだ日の傷跡がまたひとつ、刻まれてしまいました。
 
 
 勉強したり、反省したり、飛び跳ねたり落ち込んだり、ソレを全部まとめて楽しんでいるんだと、そう解釈し切り替えまして、ポジに BONITA-APPLEBUM !!! 第八局 の方をお送りしたいと思います。

 
 ラオスへの旅の帰り道、タイはノンカイ、前編後編に引き続き完結編をご覧下さい。


c0105089_17281999.jpg
 街並みの一角。初めて訪れた場所なのに、そう思わせない懐かしい雰囲気の町。
c0105089_17314183.jpg
 ぐっすり寝てる。
c0105089_1736171.jpg
 ワットポーチャイにて。向こうから歩いてきて、ひざに乗っかった。
c0105089_17382566.jpg
 ワットケークにて。あわせた両手には、糸が巻いてありました。
c0105089_17401145.jpg
 同じくワットケーク。設計者は、ビエンチャンのブッダパークを築いた人。らしい。
c0105089_17434159.jpg
 同じくワットケーク。数ある像の中で一際存在感を放ってた。
by bammbaaataaa | 2007-01-21 18:11 | タイ バンコク
<< BONITA-APPLEBUM... BONITA-APPLEBUM... >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください