カテゴリ:ラオス バンビエン( 3 )
BONITA-APPLEBUM !!! 第二十二局
c0105089_14592196.jpg

 バンビエンのモン村へ辿り着くまでにいろいろな人達と出会いました。

c0105089_15255472.jpg

 異国の地を訪れると、自分が映画や漫画の世界に溶け込んでしまう様な錯覚に覆われます。

c0105089_15352915.jpg

 大量の四葉のクローバーを発見してしまったり(カテゴリ参照)、牛のウンコさんを踏んでしまったりと、自然と仲良く歩いているうちにとうとうモン村が近づいてきました。

c0105089_15413354.jpg

 村の人達はとてもシャイで、カメラを向けても視線をナカナカくれません。

c0105089_15442923.jpg

 でも、撮った写真をデジカメの液晶で見せてあげるとみんな興味津々で覗いていました。

c0105089_15532166.jpg

 村の人達は100%自給自足の生活を送っています。異文化で育った僕の事などはきっと、彼らの目には宇宙人の様に映っていたんじゃないだろうか。



















c0105089_3212060.jpg

 ソシテその追加の写真です。首都や観光地化されている土地を除けば、こういった家屋に住んでいる人は少なくありません。ナニせ国全体が山ですから‥。
by bammbaaataaa | 2007-04-25 16:17 | ラオス バンビエン
BONITA-APPLEBUM !!! 第二十一局
 バンビエンという観光地に行った。

 ソコからダットサンのピックアップで約1時間、山の奥の方へ移動する。そして車を置き徒歩に切り替え、約二時間程イった所に少数民族が生活をしているモンという村があるという。行ってみる事にした。

 一緒にモン村まで探検しに行ったツアーのメンツがオモシロかった。

   1.ラオス人のガイドのマー(30歳おとこ)
   2.ポーランド人のマシャーナ(42歳おんな)
   3.フランス人のパトリック(35歳おとこ)
   4.香港人のパクスィ(32歳おんな)
   5.日本人のコス(26歳おとこ)

c0105089_19343873.jpg

 とにかく山の奥の奥の方へ歩いてイクんです。田んぼ道を横切ったり川を渡ったりして。

c0105089_20171336.jpg

 自分が10歳くらいの頃、新潟の田舎に家族で行った事を思い出したりしながら歩いていました。

c0105089_201823.jpg

 なんつーか、となりのトトロみたいな雰囲気なんですよ。サントラが流れてきちゃいそーでした。

c0105089_19231198.jpg

 しかし、そんな ほっこり した気持ちで歩いていた僕は、このはしごの手前で、全身が凍り付く様な体験をしてしまいます‥。足元にとんでもないモノを発見してしまったのです‥。心臓が止まるかと思った‥。勇気のある方だけスクロールしてみて下さい‥。
 ↓↓↓



























































































































































































































c0105089_19543481.jpg

 
 
by bammbaaataaa | 2007-04-20 20:47 | ラオス バンビエン
BONITA-APPLEBUM !!! 第二十局
c0105089_2134715.jpg

 例えば、いつも通りの朝の通勤ラッシュの時間帯に人身事故が起きた。電車を通勤手段に使っている人にとっては大打撃を喰らうコトだろう。ましてや東京近郊での出来事なら、一気に何千人もの人達の予定を狂わせるコトだろう。

 ビエンチャンというラオスの首都からタイ北部の国境の町フェイサイまで、12日間で北北西に横断して先日バンコクへ戻って来たのですが、ラオスというこの国、実はまだ 鉄道が走っていない んです。

 ラオスでの移動手段はバスとボートでした。5箇所の町に停泊して、移動時間には合計約50時間を費やしました。

 僕のケツは 柔らかいで有名 なのですが、麻痺していました。クッションの役割を成してくれないケツなどとは決別したかったのですが、ドブに投げ捨てるワケにもいかないのでケツポジをズラす事でどうにか我慢してきました。 

 ドコとなく日本人に似ている顔つき。すれ違い際に交わす挨拶 「サバイディ」 。ありがとうという意味の言葉 「コープチャイライライ」 。ライ2回ですよ。かわいくないですか?

 そしてどこを見渡しても360度が山。その谷間に流れる雄大なメコン川。反射するオレンジ色のまじデッカイ夕日。絶句するほど美しい景色を眺めながら飲むビアラオ‥。

 千葉の住宅街で育った僕には到底言葉に表わせない、そんな信じられない様な風景にいくつも遭遇しました。

 






 4月13日~15日を経てタイは新年を迎えました。(参考にカテゴリからチャジャン麺をクリックしてみて下さい)。というわけで自分も気分一新し、次回、第二十一局からはラオスで撮った写真をたくさんUPしていきたいと思います。それではみなさん、コトヨロッ!

 
by bammbaaataaa | 2007-04-17 22:55 | ラオス バンビエン

ファン申請

※ メッセージを入力してください